医者が彼女の四つ子の顔を見たとき、彼らが1500万人に1人だったことに気づいた

母性を伴う感情は、妊婦にとって圧倒的であると言えます。しかし、初めてにママなるベサニ・ウェッブにとって、喜び・恐怖・興奮・恐怖のすべての感情が四つ子を妊娠したことを知った時4倍になりました。ベサニが最終的に分娩室に運ばれた後ではさらなる驚きがありました。これから紹介するように、医師達が新生児を良く見て気づいた時に顎が外れるほどだったのです。

ウェッブ夫妻はカナダの北アルバータ州の典型的なカップルで、彼らの愛の物語は他の多くのカップルと同じように始まりました。ティムとベサニは20代前半で結ばれ、非常に多くの愛を持っている多くの普通のカップルのように、子供を持つことを考え始めました。

しかしそれが判明したように、物事は彼らが予想していたよりも早く起こり始めました。2015年6月にウェッブ夫妻の結婚式の直後に、ベサニは妊娠しました。二人は、最初の子供を持つ前に少なくとも12ヶ月は待つことを計画していました。 しかし、人生と言うのは誰もが言うように, 計画を立てている最中に起こるものです。 予想外のことだとしても、自分たち自身の小さな家族を作り始めることを楽しみにしていたカップルにとっては、素晴らしいニュースでした。

ADVERTISEMENT

2015年のクリスマスイブの前日に、これから初めて親になる二人は定期健診を受診しました。そして、その時看護師がいくつかの予想外の、かなり素晴らしいニュースを届けてくれたのです。それは二人が準備していたのとは違った、かなり早めのクリスマスプレゼントで、二人はこの結果に本当に驚きました。

何かが起きようとしているのを知った最初の手がかりは、看護師が二人に家族に多胎出産の経験があるかどうかを聞いてきた時でした。次に何を言われるかわからない二人は「いいえ」と答えました。それは看護師が彼らの注意をモニター向けたこの瞬間でした。

ADVERTISEMENT

ベサニは「彼女は画面の方を向いて言ったの。『赤ちゃんは1人、2人、3人 、そして4人… 』」とカナダのグローバルニュースに語っています。「その時倒れそうになったんだ!」 ティムが付け加えました。

ADVERTISEMENT

興奮したカップルがそのニュースを家族に発表したとき、彼らは同じように唖然としていました。それもそのはずです。ミシシッピ大学のジェームズ・ボフィル博士によると、不妊治療の助けを借りずに四つ子を妊娠する確率は約729,000分の1だそうです。

ADVERTISEMENT

新しい命を授かるために4倍の準備をしなければならないことはさておき、妊娠は順調でした。そしてその間に、ウェッブ夫妻にはもう一つのニュースがありました。彼らの赤ちゃんの4人すべてが女児だったので、ティムは、本当に劣勢になってしまいます!その爆弾発言からわずか1ヶ月後、ベサニは出産の準備でアルバータ州・エドモントンのロイヤルアレクサンドラ病院に到着しました。

ADVERTISEMENT

ベサニは四つ子を妊娠していたので、医師は33週で帝王切開を勧めており、4人の可愛くて健康な赤ちゃんを帝王切開で出産することになっていたのです。しかし、それぞれの女の子が誕生し、この新生児たちが隣り合わせに並んだとき、誰もが唖然としました。

ADVERTISEMENT

自然に四つ子を妊娠する確率が低い場合、ウェッブ夫妻の新しい発見の可能性は奇跡的なものでした。なぜなら、信じられないほどの確率( 1500万人以上に1人)で4人の新生児の女の子は全く同じだったからです。

ADVERTISEMENT

ティムはグローバルニュースに「マジックショーのようなもので、1人、2人、3人、4人と引っ張り出してくるからね…ちょっとシュールだったよ」と話しています。マジックショーが終わると、もちろん、カップルは新しく誕生した者達に名前をつけなければなりません。彼らはエミリー、グレース、マッケイラ、アビゲイルという名前を選びました。

ADVERTISEMENT

エドモントンジャーナルによると、この恍惚とした父親は後に「赤ちゃんがここにいることは圧倒的に素晴らしい事だと感じています。私は祝福を感じます。多胎出産を心配していたので、あまりにもほっとしています。リスクはありましたが…全てが完璧でした。」と語っていたという事です。

ADVERTISEMENT

多胎出産というのは睡眠不足とオムツの数の多さを意味するかもしれませんが、名前を決める事となると、少なくとも1つの大きな利点があります。「私たちはお気に入りを選ぶ必要がなかったのはいいことでした 」とベサニはグローバルニュースに語っています。「4つの好きな名前が選べたのよ。一つだけに決める必要はなかったの。」

ADVERTISEMENT

そして、実際に女の子を区別するよりも、命名は簡単だと証明されたようです。女児達が誕生後すぐに小さな保育器に入れられた時は、簡単に四つ子を区別することができました。

ADVERTISEMENT

しかし、保育器の外で女の子たちを見分けることは、少し問題があることが判明します。ベサニは、「今は見分けがつくし、別々になって良かったと思っています。だけど、2人を横に並べて抱いていても、全く見分けがつかないの」とCTVニュースに明かしました。

ADVERTISEMENT

しかし新米ママのベサニは、個々の人格はこれ以上変わらない事、それが彼らを区別する事に役立っているとCTV ニュースに明かしました。エミリーとマカイラは冷静、アビゲイル(長女であるにもかかわらず4人の中で最も小柄)は元気いっぱい。一方グレースは 「ある種のキャラクター」だそうです。

ADVERTISEMENT

夫婦は、それぞれの女の子を区別するための計画を立てています。ベサニとティムはヘアアクセサリーとブレスレットでそれぞれを色分けするする事にしました!そして、それぞれを区別するために足の爪に色を塗る事も検討しています。

ADVERTISEMENT

紛れもなく、新しい両親が慣れるまでには多くのことが必要で、二人はティムの母親の助けを借りるために引っ越しをしました。彼らにはまた人口820人強の故郷であるアルバータ州・ハイスの人たちも背後に控えています。

ADVERTISEMENT

ティムがナショナルポスト紙にこう語っています。「コミュニティは募金活動を行い、約5万ドルが集まりました。また友人たちが立ち上げたサイト・GoFundMe もあります」。実際、すべての贈り物を収容するために地元の教会に頼らなければならなかったことさえあり、夫妻はコミュニティの寛大さに圧倒されたそうです。

ADVERTISEMENT

四つ子を育てることは困難な挑戦ですが、ウェッブ夫妻はそれを喜んで引き受けています。誇り高き父親ティムは、グローバルニュースに「私は思い出や、彼らがどう似てくるかを楽しみにしるよ」と語っています。一方ベサニは、「最初の数年間はクレイジーになるでしょうね… <だけど>とってもエキサイティングだわ」と結論づけました。

ADVERTISEMENT

ご存知の通り、これらの赤ちゃんが同じDNAを共有しているという事実は極めて稀な事です。しかし、非同一の四つ子の遺伝子はどのように見えるのでしょうか?さて、サンフランシスコのある四つ子の母親は、それを発見しようと決心しました。彼女と家族が先祖代々の検査結果を目にしたとき、控えめに言っても、むしろショックを受けました。

ADVERTISEMENT

2017年、家族のルーツはもはや謎である必要はありません。そう、遺伝学と技術の分野の進歩のおかげで、科学者たちは少額の手数料であなたのDNAを検査し、あなたがどこから来たのかを教えてくれます。実際、あなたがしなければならないことは、あなたの唾液のサンプルを送ることだけです。

ADVERTISEMENT

非常に興味深い話です。ルーツについての驚くべき情報を得た後、サンフランシスコのある母親は DNA検査を受けて 彼女自身の実験を行うことにしました。彼女はこれらのDNA検査キットが本当に規則通り機能しているかどうかを確認したいと思ったのです。そして、彼女はテストに結果の正確性を置くために彼女自身の四つ子を使用しています。

ADVERTISEMENT

エイミー・ジョーンズは自分の家族がどこから来たのかを知るのは「ちょっと楽しいかもしれない」と思ったのがすべての始まりだったと彼女はサンフランシスコのKPIX 5に語っています。彼女はユーザーがオンラインアカウントを作成し、唾液の入った試験管をメールで送って分析し、遺伝情報を電子的に受け取るAncestry DNAというウェブサイトを頼りました。

ADVERTISEMENT

受け取った結果は彼女を驚かせました。「母に電話して、父に電話して『聞いて!私たちはアイルランド人なの!』と言ったの」と彼女は振り返っています。「そしたら彼らは『私たちは本当にそうなの?』と言ったので『だってそういう結果が出たの。正しいと思うわ』と言ったのよ」。

ADVERTISEMENT

しかし、ジョーンズは目の前にある結果を見ても、遺伝子検査が約束された通り正確であるとは確信していませんでした。そこで彼女は、偶然にも多胎児であった4人の子供たちの助けを借りて、DNA検査の結果を裏付ける計画を考え出したのです。

ADVERTISEMENT

そう、ジョーンズの4人の子供は4つ子だったのです。実際には、彼らは同時に生まれた2組の双子です。ゲイブとセスは一卵性双生児で、ヒューとケイティは二卵性双生児です。全員で彼らはジョーンズ家の四つ子なのです。Ancestry DNAと23andMeの2つのサイトの精度を判断するのに役立つ4つの共有DNAを提供したのは彼らでした。

ADVERTISEMENT

細部にまで注意を払いながら、実験が可能な限り盲目的に行われていることを確認するため、ジョーンズはサンフランシスコの報道機関KPIX 5と協力して行いました。実際、送られた子供たちのDNAサンプルには、名前と民族が異なるマークが付けられていました。さらには、親戚のものであることを隠すために、異なる都市からサンプルを郵送したりもしました。

ADVERTISEMENT

しかし、ジョーンズ一家が結果を受け取ったとき、彼らは受け取った情報の違いに再び驚きました。それは一卵性双生児の検査のせいではなく、北西ヨーロッパ系が約71%、イギリス系とアイルランド系が約7%と、ほぼ同じ結果が返ってきたのです。

ADVERTISEMENT

しかしジョーンズは、彼女の子供たちが彼女よりもさらに多くの割合がアイルランド系であるとみなされた結果を見てショックを受けました。それはジョーンズがそもそも彼女自身のテストに疑問を抱くように導いた結果だったことを覚えておいてください。「彼らは私よりもさらに高かったので本当に驚きました 」と彼女は語りました。

ADVERTISEMENT

そして、ケイティの結果が出ました。ケイティはヒューと二卵性双生児で、兄弟の誰よりもはるかに高い割合でイギリス系とアイルランド系の祖先を持っていました。これはテストが不正確だったという印象を与えるかもしれませんが、DNAの専門家ルース・バラード博士はこれは特に二卵性双生児にとっては完全に正常であることをKPIX 5に語りました。

ADVERTISEMENT

バラード博士は、「皆さんは違いがあると予想していたでしょうし、もし何の違いもなく戻ってきたとしたら私は非常に驚いたでしょう」と述べました。彼女は、一卵性双生児は非常によく似たDNAを持って生まれているが、二卵性の双子は、特定の親からより多くのDNAを取得する可能性があるため、遺伝的な違いが大きいと説明しました。

ADVERTISEMENT

さらに、彼女の四つ子の結果を手にして、ジョーンズはかつて疑問に思っていた彼女自身のDNAの内訳について安堵のため息をつくことができました。「これで検査結果についてもう少し確信を持てるようになりました 」と彼女は言っています。

ADVERTISEMENT

そしてバラード博士は、Ancestry DNAや23andMeなどのDNA検査サイトは、その人の民族的背景を正確に分解してくれる傾向があるとKPIX 5に語っており、ジョーンズ氏の意見に同意しました。さらに、DNA鑑定の専門家は、サンプルの数が増え、遺伝学者が利用できるデータが増えれば、これらの結果はさらに改善されるだろうと述べています。

ADVERTISEMENT

そして、ジョーンズは、彼女が受け取った結果を信頼できることを学びましたが (彼女のルーツは、結局のところアイルランド人である可能性が高い)一般的に遺伝学的検査についていくつかの興味深い発見がありました。一つには、Ancestry DNAはユーザーをサイトの科学者によっても検査された他の潜在的な家族とリンクさせていました。

ADVERTISEMENT

実際、偽名でもジョーンズの子供たちは家族の可能性があるとしてプロフィールにリンクされていました。子供達のプロフィールについては?Ancestry DNAは以前にジョーンズが自分の遺伝子情報を会社に提出していたため、ジョーンズが母親であることも伝えていました。これはDNAマッチ機能として知られていますが、サイトはジョーンズ一家を他の潜在的な親族とリンクさせる許可を求めていませんでした。

ADVERTISEMENT

「これについては懸念しています」ジョーンズは彼女のプロフィールにその情報を見た後 KPIX 5 に語りました。4 人の母親は、彼女は彼女の遺伝的内訳を見つけることだけを望んでいたと説明しました。実際、ジョーンズは決して彼女のDNAが他の Ancestry DNA の顧客とリンクするために使用される可能性を考慮していませんでした。

ADVERTISEMENT

しかし最終的には ジョーンズにとっては 大した問題ではありませんでした。結局のところ、リンクされたDNAは自分の子供のもので、彼女は自分の遺伝子コードの一部を共有していることを知っていました。しかしバラード博士は他の利用者がそのようなサービスを利用した場合、事実上何かに備えて準備しておくべきだと警告しています。

ADVERTISEMENT

たとえばバラード博士は、マッチング機能を使えば、精子や卵子を提供してくれた人が、自分の実子を見つけたいかどうかに関わらず、再び実子とつながる可能性があると指摘しています。一方、他のユーザーは、自分のDNAが両親のものと何らかの形で一致しない場合、自分が養子であることが判明する可能性があります。「家族の中で実子ではないことや他の問題が表面化してしまいます」と説明しています。

ADVERTISEMENT

KPIX 5がこの機能について問い合わせた後、Ancestry DNAは、DNAマッチ機能を遺伝子検査のプロセスのオプションの一部にすると発表しました。しかし今ではセーフティーネットが設置されているとはいえ、バラード博士はウェブサイトの利用者に対して、試験管を送る際に何に同意しているのかを理解するように促しています。

ADVERTISEMENT

「私は、プライバシー設定を見て、どのくらいの情報を提供したいかを決めるように人々に注意しています」とバラードは警告しました。しかし慎重に検討すれば、家族の歴史を調べることは、ルーツがどこにあるかわからない人にとっては興味深いことかもしれません。それはジョーンズは同じように感じたようでこう言っています。「自分がどこから来たかを知るのは楽しいかもしれません」。

ADVERTISEMENT
ADVERTISEMENT
ADVERTISEMENT